バブルサッカーの日本公式サイト、バブルフットボール関連商品販売-Bubble Soccer Japan  日本正規輸入代理店

バブルサッカージャパンはバブルサッカーのボール(Bumper)を販売する会社です。強度があり軽い素材を使用しています。非常に高品質は素材を使用した商品です。

バブルサッカーの修理
 バブルサッカー(BUMPER)の修理方法は非常に簡単です。商品の空気が抜けていましたら、直ぐに使用を中止し、修理をしてください。(そのまま放置しておくと、傷穴が広がりますので出来るだけ、空気が抜けていたら絶対に使用はしないでください。)
 下記が基本的な修理方法にありますが、念のため、プール用のボールなどで練習しておくと感覚が良くつかめると思います。

■ 基本的な修理方法は下記の通りです。

1.修理箇所の水分、汚れなどを良く拭き取る。

2.塩化ビニール製の樹脂生地(厚さ3mm位がよい)を傷穴より大きく(2-3倍)円形にカットする。

3.ビニール製接着剤をBUMPERの傷口とあて布用生地に満遍なく均一に塗る。そして空気を押し出すように指で圧着する。

4.圧着後、36-48時間乾燥させ、テストをして問題あければご利用ください。

■ 必要なもの

1.ビニール用(軟質)接着剤 (CONISHI G17 など)

2.塩化ビニール製の生地 (厚さ3mm程度)

3.傷口掃除用キッチンペーパー

  

■ バブルサッカーの修理方法1 表面が切れた場合

1.傷口の確認。表面が切れている。



2.キッチンペーパーで綺麗に傷口をふき取る。



3.ビニール用接着剤を傷口に塗る。



4.ビニール用接着剤を当て布用生地に塗る。



5.生地を貼り付け、圧着する。



6.十分に乾燥させ(36~48時間)、空気を入れ確認する。



■ バブルサッカーの修理方法2 表面に穴があいた場合

1.傷口の確認。穴があいている。



2.キッチンペーパーで綺麗に傷口をふき取る。



3.ビニール用接着剤を傷口に塗る。



4.ビニール用接着剤を当て布用生地に塗る。



5.生地を貼り付け、圧着する。



6.十分に乾燥させ(36~48時間)、空気を入れ確認する。



■ バブルサッカーの修理方法3 凹凸な面に穴があいた場合

1.傷口の確認。凸凹な面に穴があいている。



2.キッチンペーパーで綺麗に傷口をふき取る。



3.ビニール用接着剤を傷口に塗る。



4.ビニール用接着剤を当て布用生地に塗る。



5.生地を貼り付け、圧着する。



6.生地の周りに円を描くようにビニール製ボンドを塗る。



7.十分に乾燥させ(36~48時間)、空気を入れ確認する。


以上がバブルサッカーの修理方法です。